送料無料 オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 750g 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 李錦記 香港 6個セット 5523円,食品 , 調味料 , ソース・たれ , オイスターソース,りきんき,6個セット,オイスターソース,/blindedly196052.html,送料無料!オイスターソース,リキンキ,牡蠣,李錦記,リキンキ,pokopen.com,750g,香港,りきんき,オイスターソース 5523円,食品 , 調味料 , ソース・たれ , オイスターソース,りきんき,6個セット,オイスターソース,/blindedly196052.html,送料無料!オイスターソース,リキンキ,牡蠣,李錦記,リキンキ,pokopen.com,750g,香港,りきんき,オイスターソース 5523円 送料無料!オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 香港 オイスターソース りきんき リキンキ 李錦記 オイスターソース 750g 6個セット 食品 調味料 ソース・たれ オイスターソース 送料無料 オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 750g 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 李錦記 香港 6個セット 5523円 送料無料!オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 香港 オイスターソース りきんき リキンキ 李錦記 オイスターソース 750g 6個セット 食品 調味料 ソース・たれ オイスターソース

新入荷 流行 送料無料 オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 750g 新作からSALEアイテム等お得な商品 満載 李錦記 香港 6個セット

送料無料!オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 香港 オイスターソース りきんき リキンキ 李錦記 オイスターソース 750g 6個セット

5523円

送料無料!オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 香港 オイスターソース りきんき リキンキ 李錦記 オイスターソース 750g 6個セット





李錦記 オイスターソースは、より新鮮な牡蠣(かき)のエキスをたっぷりと使い、 李錦記社秘伝の製法で作り上げた定番のオイスターソースです。

◆香港で一番売れている本場のオイスターソースです
1888年に創業した李錦記(リキンキ)は、世界で初めてオイスターソースを作った香港の老舗調味料メーカーです。「オイスターソースといえば李錦記」といわれるほど世界的に知られ、香港では85%ものシェア、世界ではアジアや欧米など100以上の国や地域で使われています。

その人気の秘密は、なんといっても濃厚なコクとうま味。 創業当時から伝わる秘伝の製法により、牡蠣が持つ自然のうま味が最大限に引き出され、まろやかで深みのある味わいに仕上がっています。

◆李錦記は牡蠣の養殖からこだわります
オイスターソースを発明して以来、李錦記は130年以上もの間、絶えず研究や改善を重ねてきました。商品の品質を確保するために、自社管理の牡蠣養殖場を持ち、牡蠣の採苗から全力をあげて取り組んでいます。さらに、養殖場には専門の研究チームを置き、安全で衛生的な環境で牡蠣が育つように、養殖の全工程をチェックしています。

オイスターソースに使われる牡蠣は、ふっくら育った2~3年ものを厳選。収穫してすぐむき身にして煮ることで、牡蠣の持ち味やうま味を閉じ込め、こっくりと濃厚なオイスターソースが作られます。

◆濃厚なコクとうま味を持つ
瓶タイプのオイスターソース

オイスターソース750gは、濃厚なコクとうま味が楽しめるお徳用オイスターソース。
牡蠣が持つ自然のうま味がたっぷり含まれているので、非常にコクがあり、深みのある風味に仕上がっています。
瓶タイプなので開栓後も保存しやすく、少量ずつお使いになる場合に最適です。

■商品名:オイスターソース りきんき リキンキ 李錦記 オイスターソース 送料無料 牡蠣 香港
■内容量:750g×6
■原材料名:カキエキス、砂糖、塩、小麦粉 / 調味料(アミノ酸)、増粘剤(加工デンプン)、カラメル色素(一部に小麦を含む)【アレルゲン】小麦:
■メーカー或いは販売者・輸入者:協同食品株式会社
■区分:食品
■製造国:中国製
■お召し上がり方:お好みでお召し上がりください。
■保存方法:直射日光を避け、常温で保存(開封後は冷蔵庫に保存し、お早めにお使いください)

送料無料!オイスターソース りきんき リキンキ 牡蠣 香港 オイスターソース りきんき リキンキ 李錦記 オイスターソース 750g 6個セット

エディターズチョイス

作家Sorokin:概念主義のマスター

ウラジミール・ソロキンはその本が出版後に熱い議論を引き起こした作家です。 さらに、論争は彼らの意見の排他性を主張する文芸評論家の間だけでなく、「青脂肪」または「ノルマ」によって幾分落胆するかもしれない一般市民の間でも起こる。 そのソロキン氏は彼と残酷な冗談を言いました: "Going Together"は彼の本をトイレに降ろすために集会を開きました。 行動の後、何人かのプロテスタントは創作者の家に行き、彼に窓に刑務所のバーを掛けるように頼んだ。 伝記の要素 ウラジミール・ソロキンの教育(1977年、彼は石油ガス研究所を卒業)は、文学や芸術とは関係がありません。 確かに、彼は自分の専門分野で働いたことは一度もありませんでしたが、グラフィックに携わっていました。 ソロキンは、作家として80年代にKGBの興味をそそる小説「The Queue」を海外で出版しました。 彼はいくつかの小説、1ダースの演劇、映画の脚本の作者です。 Sots Art 現代の作家であるSorokinは、幼児としての彼の評判に加えて、概念主義の修士号、あるいは彼の最も衝撃的で贅沢な分野であるソーシャルアートという称号を受けました。 この名前は、70年代前半にアーティストKomarとMelamidによって提案されました。 ソーシャルアートの主なアイデアは、ソビエト連邦の時代には歴史的、政治的に特定の意

興味深い記事

推奨されます

人気の投稿